【ソニー損保】自動車保険を見直して年間4.4万円の固定費削減ができました!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。

理系ワーママのさら(@sara60419062)です。

地方暮らしのため、通勤に車は必須です。

もちろん夫と私用で2台持ちとなります。

我が家の車の年間維持費(ガソリン代のぞく)はこちら。

軽自動車普通自動車
自動車税10,80039, 500
自動車保険66,24057,000
合計77,04096,500
1年間で支払う自動車税と自動車保険

2台の車検が交互にくるため、最低でも10万円ほどプラスとなります。

少なく見積もっても、車2台の年間維持費は30万円ぐらい!

この記事では、我が家の固定費削減のために実施した自動車保険の見直しについて書こうと思います。

さら

自動車保険の見直しになかなか踏み切れない方の後押しができれば嬉しいです。

目次

見直しを後回しにしていた理由

数年前から保険料が高いことに気づいていましたが、色々理由をつけて見直しを後回しにしてきました。

  • 知人や親せき経由で契約し保険のため解約しにくい
  • 3年契約でまだ契約期間がある(軽自動車)
  • 保険の再検討や解約がめんどう

田舎あるあるですが、人間関係はとーっても大切です。

そこで、比較的人間関係が薄い方経由で契約した軽自動車で見直しを検討することにしました。

軽自動車の保険は3年契約となっていました。

まずは1年契約と3年契約の違いを調べてみました。

スクロールできます
1年契約3年契約
取り扱い代理店型自動車保険
通販型自動車保険
代理店型自動車保険のみ
補償内容ほぼ同じほぼ同じ
等級の上がり方同じ
(1年ごとに1等級上がる)
同じ
等級の下がり方次年度に下がる満期後に下がる
(保険料アップを一時的に回避できる)
保険料改定の影響次年度から満期後から
(保険料アップを一時的に回避できる)
保険料3年契約の方が少ないらしい
1年契約と3年契約の違い

3年契約は1年契約よりも保険料が少なく、保険料アップを一時的に回避できるとの情報がありましたが、

代理店型自動車保険のためお高めと感じていました。

まずは、相場確認も含めて他社での見積りをとることにしました。

保険会社の検討

まずは安く契約するための鉄則である、相見積もりを一括見積もりサイトで実施。

しかし、2年以上の契約で加入している方はこちらのボタンを押すと、一括見積もりを断られました…

2年以上の契約でもインターネットで手続き可能と案内された6社に1社づつ見積もりを実施。

現在加入中の保険期間(R1.8.28~をR4.8.28)入れ、各社から回答がありました。

スクロールできます
保険会社回答
ソニー損保現在のご契約を解約し、当社で申込手続を行う場合の保険始期日は「令和3年(2021年)8月28日」になります
おとなの自動車保険満期がお見積り可能な期間(当日から1年以内)を超えているため、お見積りできません
SBI損保保険期間が1年単位でない場合はWebサイトからお引受けできません
チューリッヒ保険当社の保険始期日は 2021年(令和03年) 8月 28日 でお見積りいたします
アクサダイレクト保険満期日が一年以上先の場合はお見積りできません
三井ダイレクト損保現在のご契約の満期日(または解約日)が、三井ダイレクト損保でのご契約の保険始期日となります
イーデザイン損保現在の契約を途中で解約して当社で契約する場合、当サイトではお手続きできません
各社の回答

実際に対応してくれるところは、ソニー損保、チューリッヒ保険、三井ダイレクト損保の3社だけ。

インターネット割引を利用した方がお得なため、今回はインターネットで契約可能な3社から検討することにしました。

一年後に一括見積りをしてみて、もっと安いとことがあれば乗換えることも計画中です。

保険内容の検討

保険内容は、リベラルアーツ大学の両学長のご意見を参考にさせていただきました。

最低限必要な保障はこちら!

  • 対人対物(無制限)
  • 弁護士特約
  • 車両保険不要

これまでは車両保険をつけていたのですが、使用したことがありませんでした。

車を傷つけた時も、等級が下がり保険料が上がることを避けて自費で修理。

よって、我が家でも車両保険を外すことにしました。

こちらが1社づつ見積りした結果はこちら(検討前の保険は三井住友海上)!

スクロールできます
三井住友海上ソニー損保ソニー損保チューリッヒ三井ダイレクト損保
1回払保険料39,52022,26032,73027,200
11回払保険料41,64023,52036,84029,280
12回払保険料66,240
対人賠償無制限無制限無制限無制限無制限
対物賠償無制限無制限無制限無制限無制限
人身傷害3,000万3,000万3,000万5,000万3,000万
搭乗者傷害1万、10万なしなし1,000万なし
無保険車傷害2億無制限無制限2億2億
車両保険ありありなしなしなし
弁護士特約ありありありありあり
走行距離区分7,000㎞以下7,000㎞以下5,001㎞~
10,000㎞
6001㎞~
7,000㎞
見積り結果

車両保険と弁護士特約、走行距離区分以外は各車の初期設定値(おすすめ)のままです。

ソニー損保では車両保険ありとなしでの比較もしました。

車両保険なしの場合、年間1万8千円程度のマイナスです!

車両保険なしで各社比較すると、最大年間1万3千円程度異なることが分かりました。

さら

こんなに値段が違うなんて相見積もりは必須ですね。

我が家では同じ補償内容で最安なソニー損保の保険に加入することにしました。

見積もりのページに情報を入力する際にもソニー損保が最も優秀でした。

チューリヒは個人情報を入力しないと見積りまでたどり着けない。

三井ダイレクト損保は理解が難しい入力項目が多い。

ソニー損保は見積りサイトが使いやすく、顧客目線を大切にしていて好印象を受けました。

固定費削減効果

検討前の自動車保険料は三井住友海上で年間66,240円、検討後はソニー損保で年間22,260円。

さら

最低限の保証内容で年間4.4万円の固定費を削減することができました。

普通車はしばらく保険会社の変更できませんが、車両保険をはずそうと計画中です。

さら

定期的な保険見直しは必須ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

企業で研究開発職をしているアラフォーワーママです。仕事や家事、子育てでどたばたの毎日。その中でよかったと感じた事や物について発信中!
クローバーのように発見してちょっとラッキーな気分になれるようなブログを目指しています。もしよろしければのぞいていってください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる